メイド・イン・ジャパンのプライド

世界レベルの音質を日本の技術でつつむ

確かにスピーカーとイヤーチップの部品はアメリカに敬意を表して採用しましたが、やはりフィット感と作り込みは日本ならではのこだわりを実現しました。今までのイヤホンは、耳の開口部に入らず、あくまでスピーカーの大きさや内部の配線を優先したような形状が多いですが、私たちはここが完全に違います。

人間の耳にスピーカーを入れる

私たちのコンセプトは「スピーカーを入れる箱をつくる」のではなく、「人間の耳の形状に理想的なシェルの形を作り、そこにスピーカーを収める」というものです。 小さなスピーカーにものを「収める」技術。これこそ日本が世界に誇れるものでしょう。

塗装では、4回コーティングを施しました

8色のカラーリングから選べる楽しさもj-phonicならではのものです。 日本製のデジタルカメラの塗装を手掛ける会社様へお願いして、4回コーティングを施しています。

しかも、一度部品を仮組みして塗装をすることで、内部の組み立て後に同じ組み合わせのプラスチックパーツとなるように、手間を惜しまずに、仕上がりにこだわって作っています。

j-phonic K2制作委員会:メンバー

本体設計・音質デザイン
: 有限会社ジェリオ
樹脂成形総合プロデュース
: 美栄樹脂株式会社
金型設計
: 中尾精機株式会社
樹脂成形
: 株式会社ピット
シェル部分塗装
: 大分パーカライジング株式会社
ケーブル
: 有限会社コーズ電機製作所